プロフィール

  • HOME »
  • プロフィール

既にホームページをお持ちで、48歳以上の経営者の企業専門の、
成約設計ウェブマスターの山崎裕之です。

私は今まで、ウェブの事はよくわからないが、
ウェブからお問い合わせや成約設計を達成させたい経営者の方のお手伝いをさせていただきました。

 

よく聞かれるのは、
成約に至るまでの「活用の仕方」「伝え方」、ここがよくわからない

私は人から「山ちゃん」いうニックネームで呼ばれることが多いのですが、

かねてより近しい間柄の50歳代前後以上の方から、

「山ちゃん、ウェブのとはよくわからないけれどこの商品を売りたいから何とかならないか?」

という形で依頼を受けてきました。

 

会社でホームページは既に持っているが、成約に至るまでの「活用の仕方」「伝え方」、ここがよくわからない。
デザイナーに任せてページを作ったが、何だかうまくいかない。どうにかしてくれといえ依頼です。

 

私はもともと大学では「経済学科」でデザイナー出身ではありません。

ただ、大学時代に作ったブログが月間5,000アクセスあり、投稿した動画の再生回数を合計すると約260万回の再生数(2017年3月現在)がある。

そのためデザイナー特有の、「こだわり」というものがありません。

 

何に力点を置いているかというと

「どうすればお客様から見てその企業が信頼されるか、好感度が高まるか」

「頼みたくなるか、話を聞いてみたくなるか」

「最終的に、どのように売り上げにつながるのか」

この点です。

なぜこうしているのかと言うと信頼が高くなければ安売りをすることになるので利益率が下がってしまいます。

利益が無ければ、商売を続けることは難しいでしょう。

 

そして、お金をかけ、労力をかけたホームページできちんと売り上げにつながるのかどうか。

デザインをきれいに作るだけで売り上げが上がるような時代ではなくなってきました。

 

信頼を得て、売り上げと利益につながる。

これが、私が、ホームページなどからの成約設計を作り上げる時の力点です。

 

この経験をもとに、どうやったら最終的にお客様が喜んで買っていただくのかということを逆算し自分の経験と、ビジネスとして成立させるためにお客様に寄り添ってページを作成していった結果、成約設計ができたと言う流れで現在の、成約設計ウェブマスターという形で名乗らせていただいております。

 

「あなたの会社の商品を家族に紹介できるか」
ここまで追求します

 

私の基準は、

あなたの会社の商品を、私の家族や友人に紹介ができるレベルにまで伝え方を磨き上げることです。

私にとって家族や友人に商品を勧めると言うのは1番やりたくないことです。

特に高額商品であったり、直接体に作用するような敏感な商品であると、勧める側にも責任を伴います。

その例その商品がどれくらいしっかりしているかどのような良いことが起こるのかということを熟知しなければ家族や友人に勧める事はできません。

 

自分の身内にどのようにしていけば、伝えたくなるような商品の「伝え方」ができるのか。

自分の身内にとってその商品がどれだけ良いものであるのか、ということを伝えられるのか。

 

ここまでの基準を持って伝え方を磨くとお客様の反応も取れるようになってきます。

 

もし、このプロフィールをご覧いただいているあなたが、
自社の商品を広めたい伝えていきたいとお考えならば、ぜひお問い合わせ下さい。

 

過去の実績

英語教材

使った手法はランディングページ、顧客リストに対してのメルマガ告知、セミナー集客をし、そのセミナーで販売を行う
結果は1セット150,000円の英語教材を1ヵ月で20セット売り上げることに成功した。
開催したセミナーの内、1度のセミナーで集客した人数11人、その中11人全員に成約いただく事もあった。
この時に注力していたのは「いかに当日までにお客様の期待度を高くするか」ということにあった。

建築、工務店ホームページ
通常、ホームページからのお問い合わせの成約率は0.1%あれば良いとされている。
ここではお問い合わせ及び来店率を0.5%〜2%の推移に引き上げた。
既にホームページランディングページがある状態でウェブコンサルに入る。
その中で社長の話す過去の顧客の傾向や、今後の方向性と、現状のホームページの情報発信の仕方がズレているということを発見する。そこで、社長やスタッフの方と深くお話をしながら、この会社はどういうことでお客様に貢献できるのか、競合となる企業はどんなサービスをしているのか、対象となるお客様はどんなことを本当は要望とされているのか、以上を気にしながらどのようにしてお客様に見つけてもらうのか、信頼をしていただくのか、行動していただくのかということを行った。

手法としては主にホームページ、ランディングページ、ブログの組み合わせで、基本的に広告は使わない。

とにかくお問い合わせをいただくこと、来店いただくこと、それに来店いただくお客様が、この工務店と相思相愛になりやすいような方に来店してしていただくというお題目を基に、どのようなホームページ作りをしていくのか着手した。

ヨガホームページ

ホームページから来店率1%以上を常時達成。
もともとホームページをお持ちでいらっしゃったが、ホームページの活用方法やお客様から信頼をされ、お越しいただく更新方法がわからない状態であった。
私が拝見したところブログをやられていたが、基本的に趣味が入り混じったに日記的な内容が多かった。
それをいかにお客様自身が、聞いてみたくなるような実際に体験してみたくなるような情報発信のやり方にサイト全体の方向性を変えていった。
これによりホームページからの来店率も上がり、さらにGoogleからも検索として優遇されるようになる。
このためブログ更新等を週に1度程の更新でも、毎月平均20%ずつアクセスがアップしていくような流れがキープされている(この程度の数字が毎月キープできると3、4ヶ月でアクセスが2倍になる)

薬剤師のホームページ

アクセスの推移、実際にご覧ください

純粋に、来た人数を示す推移

何回見られたかを示す推移(1人が何ページも見ることがあるので、人数より大きく数字が出ます)

カウンセラーのホームページ

アクセスの推移、実際にご覧ください

純粋に、来た人数を示す推移

何回見られたかを示す推移(1人が何ページも見ることがあるので、人数より大きく数字が出ます)

また余談ではありますが

学生時代のブログ
主に自分自身のテスト対策のために作成していたサイトが、月間5,000アクセスを記録していくようになる。
このときの経験を通じて、どのようにしていけば人は集まるのかということを実地で学んでいた。

学生時代のYouTubeニコニコ動画で投稿した動画
投稿した動画の累計再生数は2,500,000回を超える(2017年7月現在)
このときの基本的な手法はいかにタイムリーで注目を集める動画を投稿できるかというところに力を集中させていた。
この概念は今現在でも変わっておらず、人が集まる要素というのをこの時趣味を通じて学んでいた。
この手法を現在ではビジネスに応用しどのようにしていけば人から注目を集め話題性及びアクセスを増やすことができるのかという具体的な技術の礎になっている。

 

 

得意技

 

・ホームページ、ランディングページ、SNSを総合的に活用して、成約設計を行う
・ポジショニングマップから、この企業や商品の立ち位置を変え、成り立たせ、伝え方打ち出し方を明確にする
・アクセスやアクセスの傾向からお客様の気持ちを読み取りホームページ改善に活用する
・どのようにしていけば信頼(好感)が出るのかを考えた上でのホームページの構築
・企業のナンバー2的な役回り
 経営者から見て、自身に足りない点をフォローしていく(必要なスキルがあると把握すれば、それを身に付ける)
・まとめ役。 アイディアや方向性がバラバラになっていたら、それをまとめて力を1つにまとめる

 

TEL 050-5240-9380 受付時間 12:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © ホームページ110番 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.